Soliloquy of Marlbon

アクセスカウンタ

zoom RSS GHWTのギターコントローラーを改造

<<   作成日時 : 2009/01/15 11:16   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さん、あけおめことよろ。。。ってもう2週間経過してますが。。。

年末年始は昼間から酒を飲みながら家で気ままにゲーム三昧してました。
(確か昨年も同じだった様な。。。

暮れにはとうとう北米版本体 & Rock Band 1/2 & TrackPack2 & RB2ワイヤレスギタコン etc.....
多数購入してしまい、音楽ゲームにどっぷり浸かっております。。。(360も3台に。。。1台余ったぞ。。。



して、GHWTきてから殆どドラムばかり叩いてますけど、ドラムやっててGHWTとは違った面白さと爽快感を感じるRB。(RBは音が良い!
またRBよりも叩く部分が一つ多い仕様のGHWTも専用ドラコン使ってるんで譜面の列も本来の5列だから、叩いていて自然だしRBとは違う難しさもあってやりがいがあり面白いですね。(でもやっぱりドラコンの小ささと、おもちゃっぽさは多少残りますけど。。。これについてはまた後ほど。。。)

あと今までで分かってきたことだと、GHWTのドラコンをRB1/2で使うとオレンジのシンバルが無効になるし(RBは叩く部分が一つ少ない4列の譜面仕様だから)RB本来仕様の叩く強弱での音の大小も無効になるのはその逆もしかりで同じなようです。(RB2のドラコンをGHWTで使おうとしても、ゲーム内では自動的に5列から4列の譜面に変換されちゃうし、音の強弱には対応しなくなるらしいです。。。)

またRBのドラムに関しては、本来のドラムパッドの4つ(バスドラ以外)に対してシンバル用としてオプションで幾つか増設(3つまで)できるようだけど、結局はそれぞれで違う音が出る訳ではなく、曲に対しての使い分けで妥協して使用するらしいですね。。。(増設した分だけ他のパッドと兼用してるということでしょうか。。。)次記事に追記

まあそんなこんなで、私的にはGHWTとRB1/2もどちらも一長一短で甲乙つけがたく面白いので、両方とも暇を見つけては遊んでおります。
画像

但し唯一違うのは後から調達したRB2仕様ギタコンなんですけど、これに関してはRB2のワイヤレスギタコンのがずっと良いです。

一番の違いはストラムバー(ピッキングする部分)がカチカチ言わないってところなんですけど、今まで使ってきたギターヒーローシリーズの2本と比べればGHWTの新型ギタコンも一番良い出来なんですけど、以前から気になっていたピッキングの時のカチカチっていうクリック音がしないという点で、RB2のギターで遊んでるとすごく没頭できるんですよね。。。(ツマンナイところだけどこの辺りの感触が違うのは大きいと思う

ただ長いことギターヒーローシリーズのギタコン使ってきたんで、フレットボタンの造りも違うRB2のギタコンで上手く弾くには慣れが必要なんですけど、格段に感情移入の差が出来たことで、買ったばかりのGHWTのギタコンはもう要らないんじゃないかと、思ってた矢先だったんですが。。。



そうは問屋が卸さないんですね。。。



RB2のギタコンでGHWTは使えるんだけど、それ以前のGH3とGH2では使えないことが判明(360の場合)
結局はそっちをやるためには、ギターヒーロー純正のギタコンがないと遊べなくなるので、ここは最新のGHWTのギタコンをどうせなら思い切ってRB2ギタコンと同じようにストラムバーの無音化(静音化)をしてみることにしました。。。










前置きはここら辺でいよいよ本題です。
画像



分解にあたって特殊工具であるトルクスドライバーが必要なのはMSの仕様ですね。。。
ほんとはT10らしいけどT8でもなんとか外すことができました。(一部シールに隠された箇所があります

カバー開けて見てまず思ったのは、ちょっと下見で他の方が分解した参考画像や文献と違ってたことで、GHWTの新型ギタコンでは、ちょっと予想してたとおりのマイクロスイッチ仕様になってたことです。。。
画像


マイクロスイッチの板ばねがクリック音をより明瞭にしてるのもあるんですが、この辺りを細工してもスイッチ内部にも同様の仕掛けがあるのでほとんど期待する静音効果は得られなさそうです。。。
画像


現状ではカチカチ音のしないマイクロスイッチは、自分が調べた中では存在が確認できなかったのと、このスイッチの構造上他でどんな細工しても音がしなくなることはないので、他に変わるスイッチを調べたところ以下にあるようなマイクロスイッチよりもさらに小さい超マイクロスイッチ!?(タクトスイッチっていうらしいです)が代用できそうな感じなことが分かったんですが。。。

ただタクトスイッチはマイクロスイッチよりも耐久性に劣る点と、モノによってはマイクロスイッチよりも音やボタンストロークも大きいものがあったり、スイッチ自体も大小様々なようで、そこら辺を考慮して主流のマイクロスイッチに変更されたと思うけど。。。(現存のマウスは殆どマイクロスイッチが使われてるらしいですね。。。カチカチ軽快な音がすると思ったらマイクロスイッチの可能性大かな?)
意外と適当な物を見つけるのは容易くない気がするのですが。。。

画像

しかしウマく手持ちのジャンク部品の中を捜して見つけたのがこれ。

昔使ってたMSのFFBホイールのステアリング部分の基盤。
更にウマい事に1枚の基盤で9個もくっついてるし。。。(裏側にもパドル用に2個装着されてるし、予備用として十分)
こんなのがある辺りが、本来のこのブログらしいところ。。。





画像

マイクロスイッチの方も上部の板ばねを取り外すのに基盤から外しまして、(マイクロスイッチを一度分解
ここで更にどうやってタクトスイッチを代用させるかと検討したところ、板ばねを外したマイクロスイッチの上にちょうど載せると従来の高さとほぼ同様になりそうな感じがしたので。。。

画像

タクトスイッチとマイクロスイッチの足の数が違うので、不要な片側の足は思い切って切断。
それなりの瞬間接着剤で基盤と各スイッチを固定しまして
この状況で一旦仮組して感触を確認したところ、かなりショートストロークになったけど、殆ど音がしない好感触に。。。

画像

こりゃイケると思ったんで、配線開始です。

タクトスイッチを基盤から外すのと配線する際に、あまり長時間はんだごて当て過ぎると、タクトスイッチの構造上内部の動作部分が変形するのか?動作しなくなりましたので注意が必要です。(一個無駄にしちゃいました。。。)

画像

反対側はこんな感じに。。。




お次に、このままでは直接ストラムバーの一部がスイッチの小さな頭を斜めに押し込む現状(ストラムバーがシーソーの様に動くので)をいくらか改善させるのと、スイッチを押し込む感触をもう少し柔らかいタッチにしたいのと相まって、ストラムバーのスイッチが当たる部分を思い切ってベルトンでもって削ることに。。。
画像

画像

とりあえず両側とも2ミリくらい削り落して、スイッチとストラムバーとの間に緩衝材を入れるスペースを作りました。

この削ってできた段差の部分に、よく小さな家具の扉に使われている、これまた小さいスポンジ製の緩衝材をくっつけます。
スポンジの粘着力だけでは心持たないので、一応接着剤もくっつけときます。。。

画像

更に仮組でストロークなんかを確認したところ、少し削りが足りなかったようで基盤を取り付ける面に、M5のワッシャーを1枚噛まして微調整。

最終的に気がついたんだけど、スイッチ基盤上に記されてる2か所の白い丸く描かれた部分が、ある程度反対側のカバーに接触するように押し付けられてることが分かり、あまり極端なかさ上げだと反対側のカバーも削り落さないといけなくなるみたいでした。。。

この辺、両側からある程度接触させることで内部のクリック音を低減させる効果を考えたのか、単にストラムバーの補強なのかは分からないですが。。。

画像






なんとか完成。
画像


早速実際に試したところ、上下連打でも一方連打でもどちらでも反応は問題なしだし、何といってもやっぱりカチカチ音がしないRB仕様になったのはすごく快適ですね。(まあ、いくら快適になってもGH2/3でしか使いませんけど。。。)

またどこまでタクトスイッチの耐久性があるか分からないので、ちょっと心配と言っちゃ心配なんですが、予備にまだまだスイッチあるんで暫くは問題ないでしょう。。。

ストロークに関してはかなりショートになったんですけど、意外と動作量が大きいノーマルよりも自然な感じもしますね。。。

ここまでくると静音化にいたっては、実際の指が当たる音とかフレットボタンを押した時の音しか殆どしませんので、個人的に満足のいく結果になりました。

以前やった360のワイヤレスハンコンの改造よりは簡単でした。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GHWTのギターコントローラーを改造 Soliloquy of Marlbon/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる