Soliloquy of Marlbon

アクセスカウンタ

zoom RSS ION Drum Rocker その後@

<<   作成日時 : 2009/01/22 10:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

ION Drum Rockerが届いて数日経過し色々と分かってきたところですが。。。
画像

結局24インチは撤去してしまいました。目線が大分下がっただけでもやり易くなりましたが、本当ならドラムパッドを見ている目線にモニターがあるのが理想の様な気がするので、ちっちゃくなっちゃうけどそのうちサブモニター出力でも試してみようかな。。。

ION Drumにおけるゲーム内の打力に対する強弱検知がないのは、現時点の仕様だとしてもま〜そんなに問題ではないんですけど。。。
その代りシンバルの感度にいささか不満があるので、これを何とか出来ないものかと昨晩辺りから検討。。。


GHWTのシンバルは感度に特に不満はなかったのと、既に放置されてる状況じゃ勿体ないので、これをIONの方でも使えるのか試してみようと思い、近くの電気屋で一般的な変換プラグを購入してきた。
画像


RB2内のドラムトレーナー内で試しに黄色シンバルのプラグと差し替えたところ、一応問題なく音が鳴ることを確認。
ただ実際にシンバルをスタンドに取り付けて見たかったのだけど、取り付け部分のボルト穴の太さが違うので、IONのシンバルポールにそのまま付け替えることが出来ないので、手で持った状態での感度の比較なんだけど、GHWTの時のそれとはやっぱり感度が違う。。。
ということはもしかすると、振動センサーは同じ物でもコントローラー内でここら辺の感度が設定(制御)されてるんじゃないかと推測。。。
そういやGHWTのドラムに関していえば、MIDI⇔USBケーブルでPCから感度調整できるプログラムを配布して改善させるという事例があったんだよな。。。
でもIONの場合はどうだろ。。。?まだPCに繋げてないけど何かで認識するんだろうか。。。?
それはさておき、多少感度の問題を抜きにすれば一応使えるということは間違いない。
スタンド(ポール)なんかの取り付けをちゃんと考えれば、意外と代用できそうな感じです。。。


キックペダルの方も変換プラグで試しに一つ空いている青シンバル用のジャックに挿したところ、以外にもこちらも音が鳴ることを確認。
ただペダルに関しても、ちょっと強めに踏まないと反応しないようで、こっちは何かセンサーの電気的な容量の違いがあるのかな?って印象でした。。。


とりあえず先にシンバルの感度をGHWTドラム程度に、もう少し軽く連続で叩いても綺麗に反応するようにしたかったので、このシンバルの構造がそれぞれどのようになってるのか分解してみることにしました。



そんなとこで見かけはホントに大したことないシンバルなんですが、中身はどんなに繊細に出来てるのかと思い。。。
画像















注意して開けてみたところ。。。















なんか中身も外観の見た目どおり結構シンプルな構造でした。。。
画像


でもシンプルというのはその見た目だけのようです。
丸っこく薄い電極みたいなものが振動を検知するセンサーなんですが、初めて見る物なのでちょっと調べてみました。。。

この振動センサーというのは、別名「圧電素子」とか「ピエゾ素子」とかいわれるセンサーで、本来は電気が流れると振動する性質を持ったちょっと不思議な物らしく、逆に振動させると電気を流すということで、意外と色々な用途で使われてるらしいことと、大変興味深い繊細な感じの物なんだなということが分かりました。。。(ただこういう類に使われてる一般的なものは、意外と安い物のようです)

ただ丸く薄っぺらな部分のセンサーがプラスチックのガワにくっついてるだけの状況で、感度がそれぞれ違うのは振動の伝わり方が違うのか、元々センサーの感度や電気的な容量が違うのか、それとも制御されてるのか分からないのですが、IONの方はプラスチック部分を叩く分には感度が十分なので、この辺は伝わり方が悪いのかもしれないと思い、センサーの部分に以前GHWTとかのドラムパッドなんかで問題抱えているユーザーが、感度を改善するのにテープを貼るやり方なんかをマネしてみる。


でも貼り方が悪いのか、微妙な調整が必要なのか、試しに1枚貼っただけでは何の効果もありませんでした。。。
画像


相変わらず反対側のプラスチック部分を叩くと、軽く叩いても綺麗に反応示すんだけど幾らなんでも毎回カツカツと音を出してるのは気に入らないので、これまた試しに薄いスポンジム状のシート(滑り止めに良く使われてる奴)をプラスチックの部分に重ねて叩いたら結局、ゴムの部分と変わらない低感度になってしまった。。。
ということはセンサーにうまく振動が伝わっていないことが原因なのは間違いないようなので、やっぱりセンサーの取り付け部分に何か細工を施さないといけないようだ。。。


ウマい方法が見つかるまで試行錯誤してみるつもりだけど、本体でセンサー感度が調整できれば一番良いんだけどなあ。。。(オンラインでアップデートしないだろうか。。。)



思えば、この振動センサーという「圧電素子」って不思議な物体ですね。。。
キックペダルとか他のパッドにも同様の「圧電素子」が使われてるのか分からないけど
前にGHWTのキックペダルが反応しない時に、単純なプッシュスイッチのオンオフで代用しようとしていたけど、こんな物があるとは思わなかった。。。

これらを利用して自作電子ドラムに挑戦している方も、意外と存在してるのにも恐れ入った。。。

完璧なのはRolandなんかのシンセドラムやリアルドラムでもって遊んでる人がいるけど、ちょっと敷居が高そうなんだよな。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ION Drum Rocker その後@ Soliloquy of Marlbon/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる