Soliloquy of Marlbon

アクセスカウンタ

zoom RSS ブレーキペダルの再換装

<<   作成日時 : 2008/06/30 16:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

関東、梅雨模様真っただ中の昨日、雨で予定されていたスケジュールが中止になり久々に家でのんびりできることになりまして。。。

暫く放置していたコクピ弄りを再開。

このところのハイドロのシリンダーがスムーズに動作しないのに合わせて、キャリブの数値が安定しないのと、僅かではあるけれど、少しづつシリンダーオイルが空気穴やジョイント部から滲み出てきて、ペダルの遊び部分が多くなってきてしまう状況をなんとか改善しようかと思ってたんだけど、シリンダー交換も結構お金掛かりそうなのと、それ以上にまた油まみれになるのが嫌なのが多分な訳でして。。。

でも、どうせシリンダー交換するのに油抜くのにも、ペダルから外さないと作業し辛かろうと、この際思い切って取り合えず分解。
画像




シリンダーはまたそのうち気が向いたら、弄ることにしてみるということで
その後、再び元のゴム式に戻してみることにしました。。。

っていうのも、家にはまだ予備の抵抗器が幾つか在庫ある状態だったっていうのと、従来の感覚はどうだったのかを確認したくなったのが理由なんですが。。。



以前の様に大小ゴム二つ分のみでバネは挟まず、ペダルを踏んでいない状態でもある程度ゴムが圧縮される状態まで調整ナットをきつく締め込む。。。

そこからできるだけストロークを稼げるように、抵抗器とペダルを繋ぐロッドの位置とストッパーボルトなんかを調整。

ストローク量かなり深いし、それなりに圧力感もある。。。
「やっぱこれかなあ〜。。。」〜なんて納得しちゃったりしてみる。。。

結果、キャリブの反応をみても安定して踏みこめるし、特にハーフブレーキやそれ以下の初期タッチがかなり良い感じに戻った訳で。。。

やっぱり市販車的な雰囲気出すのには、ゴム式の方が良い感じなのかなと改めて再認識。。。

なんといっても、調整の幅が大きくて油まみれにならないのが利点でしょうかねえ。。。

ただ抵抗器ゆえに少しづつキャリブに問題が出たりする心配があるのが難点ですけど。。。

でもこれで問題出ても、まだ抵抗器3個ほど残ってるから、これ使い果たすまで新しい無接点の奴も買う気にならないかもしれない。。。

それより、シリンダー交換する気がかなり失せてしまったのは意外な結果。。。
また少しシンプルになってきました。。。

画像

「あ〜これ買わなけりゃ、ハンドルの方もっと近づいたハズ。。。カナ。。。」

おいらにゃレーシーなハイドロは使いこなせね〜ってオチになったようだ。。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あらら、ついにそういう結論になっちゃったんですね。
今じゃ元に戻る気力もないので、とりあえずそのまま使っています。(^^

やっぱりゴムを挟むのが簡単にストロークを稼ぐ方法かなと思っています。
1個目のシリンダーはオイル漏れしちゃったけど、2個目のシリンダーは改造しても問題なく使えています。
でもそれは、遊ぶ頻度が減ったのが原因かも(w
ayabon
2008/07/01 12:55
今思うと、ハイドロを買う時に何を一番期待していたかというと、確か正確なキャリブと油圧である故の市販車同等のブレーキタッチだったような気がするんですけど、ブレーキタッチに関しては調整改造次第でなんとかそれに近くなるように出来るかなって、今まで試行錯誤してたつもりだけど、正確なキャリブが出来なくなるような不具合が出ちゃうと、やっぱり調整の幅はゴム式の方が広いのかなって思っちゃってます。。。

私も遊ぶ頻度がかなり減ってしまいましたので、抵抗器でもまだ暫く使えそうな気がしますww。。。

でもハイドロも勿体ないものなので、そのうちまた交換するかも知れませんけど。。。笑
Marlbon
2008/07/02 08:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブレーキペダルの再換装 Soliloquy of Marlbon/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる